子供英語 七田式「7+BILINGUAL」

七田式「7+BILINGUAL」で英語が伸びる子供が大変多いと評判

ご両親が頑張るなら英会話はご両親が教える方法が有ります

ご両親がやって見ようと思うなら自宅でご両親が教える方法が有ります。

難しく考えないで下さい。

小さい頃から絵本を読んであげたと思います、その延長です。

勉強と思うより、遊びの延長で覚える方が身につきます。

 

大切な子供様の事ですので、その前に色々と参考になる事をご紹介します。

その上で一番良い方法を選ぶと良いと思います。

お子様にとって何が一番良いか、を判断するのが良いと思います。

 

英会話は最も大事な判断が一つ有ります。

「英会話」の勉強と「英語」の勉強は大きく違います。

「英語」の勉強は文法など従来型の勉強です。

英検で良い成績を取ったり、進学の為の勉強が中心です。

従来型のペーパーテスト中心の勉強です。

令和2年から学習指導の関係で学校でも会話も少し入りましたが、

文法など総合を勉強しますから

会話に関してはかなり弱いです。

はっきり言ってこの方式だと英会話は全体の一部です。

 

従来型の「英語学習」は学校に任せて

「英会話を専用に学習する」方法が有ります。

普通はアルファベットが分かってから〜

辞書の引き方が分かってから〜

英語の文章が読める様になってから〜

文法が分かってから〜

と思いがちですが、そんな事は会話には重大では有りません。

それらは後で良いのです。

 

会話を学ぶには文法やその他の様々なざまざまな知識は無くても出来ます。

文法その他の勉強は学校や通常型の勉強方法でしますので、

それとは別に会話だけを専用に学ぶ方法をしませんか?

会話は会話だけ専用に勉強した方が伸びます。

もし従来型の方法が入った学習をした場合、大概の子はほとんど会話は出来ないと思います。

英会話が出来る様にしたいなら、英会話だけに絞り込んだ学習方法が一番、優れています。

文法、その他は後でついて来ます。

 

「英会話」はどのような学習法方が有るか、全体を見ましょう!

お子様が英会話を学ぶには2種類の方法が有ります。

1)先生について学ぶ

2)教材で学ぶ、親がついて手伝う

大きく分かけるとこの2つが有ります。

 

1)「先生について学ぶ方法」にはどんな形態があるか?

①英会話スクールに通学する

グループレッスンと、個人レッスンが有ります。

 

②英会話スクールにオンラインで学ぶ

これもグループレッスンと個人レッスンが有りますが

大概は個人レッスンです。

 

③先生が自宅に来て教えてくれる

完全に個人レッスンです。

 

英会話を急ピッチで上達させたいなら、グループレッスンは程遠いです。

やはり個人レッスン(マンツウマン)が断然すぐれています。

 

通学形式のスクールの場合

身支度、往復の時間を考えると相当な時間が掛かります。

親も送り迎えが必要になる場合が多い、

この時間は無駄とは思いませんか?

 

もう一つ問題は、週に何回、学習させたいですか?

通学の場合、1週間に1回〜2回までが限界と思います。

英会話はできれば毎日、学んだ方が良い。

少なくとも週に3〜5回は練習した方が良いと思います。

そう考えると、オンラインの方が優れています。

 

オンラインで特に良いな〜と思うのが「アクエス」です。

内容から見ると割安です。

効果がものすごい高い英会話「アクエス」

 

或いは「ご両親か祖父母様」が自宅学習で教えてはいかがでしょうか?

英会話それほど難しく有りません。

教材はこの写真の七田の教材が優れています。

七田は御父兄は知っている方が多いと思います。

日本の幼稚園・保育園は七田の教え方を取り入れている所が大変多いからです。

七田は日本の幼児・子供の教育では最も有名な会社です。

子供だけで無く大人の英会話も大変良い教材が有ります。

 

 

私は福岡市に住んでますが、子供たちが通っていた保育園、幼稚園、

孫が通っていた保育園、幼稚園でも

七田が基本教育として大幅に取り入れられていました。

教育現場の園長・先生方にとって最も核になる教材です。

 

ご両親・祖父母様が英会話を一緒に覚える事が出来ます

今、英会話は定年退職組が習っている人が多いのです。

それなら、七田の教材を使って、お子様と一緒に学ぶと一石二鳥です。

 

英会話の基本は大人も子供も同じです。

大人にしても、子供にしても必要な基本フレーズは60種類です。


私はすでにこの教材を使って毎日、孫の手伝いをしています。

基本フレーズは会話に必要は60種類は覚えました。

テキストには全部で700種類のフレーズがあり、それを全部練習しました。

大人でも600種類のフレーズを練習したら、会話力が格段に上がりますので

子供で700種類を蓮数しましたから、子供さんはどなたも自信が付きます。

 

孫は小学3年生で、まだアルファベットがあやふやな段階から始めましたが

何も問題無くスムーズに練習できました。

 

子供に英会話を教えている有名な先生が七田のホームページでも出ていましたが

英語が全く分からない段階から会話を教えた方が良いと言ってます。

実際、私はこの教材を使ってわずか4日目で孫が

別人の様に英語がスムーズに言える様になり、本当にびっくりしました。

親もそばで見ていて「親よりすごい」と驚いています。

 

会話の内容としては、世界の子供がごく普通に話している内容を、日本語と英語で書いています。

だから子供にとって難しくも無く、まして大人が難しいはずは有りません。

 

 

毎日、15〜20分間、練習するだけです。

CDがすごい力を発揮します。

従来型のCDとは内容が違います。

400%の力が着くのは事実です。

格段に会話力が付きます。

もちろん、保護者も格段に力が付きます。

多分、初めて4日位したら、すごい〜と気づくはずです。

難しく考えないで下さい。

お子様に絵本を読んであげた事の延長です。

CDを一緒に聞いたり、一緒に反復すれば良いです。

1〜35日まで有りますが、お子様もご両親も英語を話し出すと思います。

 

習い事は費用を考える事が大切です

色々な習い方で一番安いのは何か想像つきますか?

それは親がついて七田の教材で練習する事です。

教材費は29800円(税別)です。

 

習いに行けば毎月8000円〜2万円は掛かると思います。

それに教材を合わせますから

年に10万円〜20万円は必要と思います。

 

最近テレビCMで「DMM.com」が良く出ます。

これは時間料金は非常に安いです。

これは使い方によっては大変良いと思います。

問題は子供さんがどこまで継続できるか?

数度、練習したら終わる、長くて1ヶ月続けるのだろうか?

一定レベルに達する子は少ないのでは無いかと思います。

 

長所は料金が安く、いつでも練習出来て、外人が講師です。

短所は自己管理がしっかりしないと継続しないと思われます。

私自身もぜひDMM.comを活用してみようと思いますが、

総計しますと費用の面では七田の教材の方が格段に安いです。

 

もしDMM.comやその他のスクールを活用するなら

先に七田の教材を完了してからの方が断然、有利です。

実はこの教材を一通り練習したら

中学2年生並の力が付いているからです。

その上で、もっと力を付けた方が良い点を

好きなスクールで学ぶと、比較になら無いほど良いです。

 

 

七田の英会話の申し込み方を説明します

【えっ?】たった35日で私の子供が英語を話した!←超話題!

まず七田の教材のページにお進み下さい。

この画面が出てきます。

説明がずっと続きます。

その一番下に申し込みコーナーが出て来ます。

まずクレジットご購入を希望する方はここでご記入ください。

 

そのすぐ下の画面は下記です。

これは後払い(銀行、郵便局、コンビニ)

代金引換

銀行振込

の方法が有ります。

 

その下は住所、氏名、電話、メールアドレス

配達希望日、希望時間帯、連絡事項をご記入下さい。

 

申し込みは以上です。

数日したら下記が送って来ます

ビッシリ入ってますので重たいです。

昔ならこれだけの内容だと6〜10万円しました。

 

中は子供が喜ぶCDやテキスト、イラスト、塗り絵などが入ってます。

 

 

発想的には「勉強」と考えないで、「楽しく遊ぶ」事が大事です。

実際、小学3年生のお兄ちゃんがCDで楽しい会話を聞いていると

下の2歳の子が、いつも割り込んで来ます。

CDはアメリカや世界の子供達が英語で話しているので

2歳の子も参加したいようです。

実は2歳・3歳児もどんどん吸収する内容です。

幼児にも大変効果がありますので、また別のページでご説明します。

-子供英語 七田式「7+BILINGUAL」

© 2020 スマイルティ56 Powered by AFFINGER5