子供の英会話

子供の英会話「おすすめ」の非常に良い方法が有ります

「英会話を早く話させさせたい」なら

結論から言いますと、英会話を練習の「おすすめ」は、小学一年生から三年生までの間が最もチャンスです。

どの様な学習方法が良いか、判断しなければならない重要な点がありますので、大事な点をご説明します。

 

最初に少し自己紹介します。

私は英語を仕事に使って、すでに50年経ちます。

海外との病疫も英語を使って来ました。

英語を使って世界を仕事で駆け回りました。

今は孫に英会話を教えています。

 

お子様にとって何が最も大事か知りましょう

世界の人々にとって英会話が非常に大事ですので

2020年の小学3年生より学校で英語の勉強が始まりました。

 

現在、英会話が仕事や人生で大きな役目を果たしている大人は非常に多い。

 

これからの時代は中国が弱い国になり、アメリカの力が非常に大きくなりますから

国際的には英語のウエイトがさらに上がります。

これからの100年間は間違いなく英語の時代です。

 

質問ですが、

お子様が英会話が出来たら、人生に大きなプラスになると思いませんか?

お子様が英語を武器に、様々な仕事をこなし

国際的な人生を歩む姿を見たく有りませんか?

英会話は必ずお子様の人生を良くします。

 

1)英会話はお子様の年齢によって教えるタイミングが有ります。

一般家庭はアメリカ人が一緒に住んでいるわけでもないので

英会話は何らかの方法で学ぶ必要が有ります。

小学3年生から小学6年生に向かって高学年になるほど学校での英語の勉強全般が増えます。

つまり高学年になると文法など英語全般の勉強が増えますので、

「英会話」単独の勉強時間がだんだん取れなくなります。

つまり英会話を身につけさせるなら

「おすすめ」は、小学一年生から三年生までの間が最もチャンスです。

あるいは、小学4年生までなら、まだ時間が取れると思います。

小学五年生、六年生については別のページで説明します。

 

2)英会話は週3日以上の練習が必要です

出来たら週3日〜7日です。

大体、英会話がスラスラと口から出だすのが500〜1000時間です。

週一では少ないです。

 

3)英会話はフレーズを覚え、スラスラ出る事です。

フレーズとは まとまった意味を表わす連続した言葉です、言い回しとも言います。

基本フレーズは60種類が必須です。

会話ができるには600種類は必要です。

 

以上を踏まえ、本気で英会話ができる様にさせたい場合は、

その目的に合う練習方法を取れば良いと思います。

下記は特に小学1年生〜3年生を中心に説明します。

小学高学年には勿論使いますので、一緒にご覧ください。

 

3種類の方法が有ります。

①オンラインで学ぶ

ただし、週3日以上練習が出来る形式で

実際に話せるカリキュラムになっている物が「おすすめ」です。

効果がものすごい高い英会話「アクエス」

 

個人レッスンを週3日してくれる教室か先生が自宅まで来てくれる。

この場合は講師の英語力やカリキュラムが良い物が必要です。

 

③自宅学習が出来る教材が良い

たった35日で私の子供が英語を話した!

自宅学習で有名なのは、この教材です。

 

どれを選べば良いか?検討しましょう。

2番は、教室に週3回以上行くのは難しいと思います。

先生が自宅まで週三回、来るのも難しいと思います。

 

1番か3番が「おすすめ」です。

1番の良さはオンラインですから、通う必要が無く、時間は自由に選べます。

これは最低でも1年間、集中して受講すると良く、どなたも話せる様になります。

費用がかなり掛かります。

しかし結果や将来の事を考えると、元を取り戻しますから、無料と同じです。

 

3番の教材はすごいです

たった35日で私の子供が英語を話した!

<しかし問題点が有ります。>

小学一年生〜三年生ですから親の補助が必要です。

子供さんに手伝って上げる事が出来る親がいれば出来ます。

・絵本を読んで上げる方式です。

・「こんにちは」「こんにちは」と日本語も教えたと思います。

その要領で良いのです。

親が全くその気がない時は、お子様がもっと高学年になってから始めると良いです。

高学年だと自分一人で出来ます。

 

この教材には長所が有ります

1)重要フレーズ60種、一般フレーズ700種をなんと35日で練習します

子供でも大人でも英会話はこれ位が必要です。

2)自宅で出来ます

3)テキストとCDが基本教材です。

値段としては最も安いと思います。

4)費用が最も安い

 

注意点:教材会社さんが返金制度をとってますが、

返品する気が少しでも有るなら最初から買わない様にされた方が良いです。

 

この教材は七田の「7+BILINGUAL」です。

 

なぜこの教材が大事か?と言いますと

英会話が一通り出来るには、誰でも700フレーズ位が必要です。

700フレーズを練習するには、この教材は非常に使いやすく、内容が非常に良いですから。

 

本気でこの教材で学びたいなら

買ってすぐは難しい〜と思っても、

とにかく継続して練習する、

あるいは保留して、そのまま保存して置くのが良いです。

しかし、半年〜1年もすると親やお子さま自身が追いついて来ますので

それからこの教材を練習るのも良い方法と思います。

 

余談ですが、

私は英語や中国をまだ勉強しています。

1年〜2年先に練習したい本は事前にたくさん買っています。

先に手に入れて、時期を見て、最適な本で練習をします。

英語も、この教材会社(七田)のすごいレベルの高い本を持っています。

英語のベテランでも舌を巻くレベルです。

しかし、いずれ練習するつもりです。

 

小学生は時間的な余裕が有る内に英会話を学ばせるのが有利

小学3年生までなら、学校の勉強も時間的な余裕が有ります。

特に英語は小学5〜6年生になると勉強量が多くなります。

余分な練習をする時間がだんだん無くなります。

こう考えると小学3年生まで、あるいは4年生までが時間が取れます。

 

小学1年生から〜小学3年生の問題点は

英語が自分で読めません。

辞書で発音を探す事がまだ出来ません。

ですから親の手助けが必要です。

逆に小1〜3年生は非常に有利な点が有ります。

人間の脳が一番柔らかく、吸収力が有るのは「3歳」です。

年齢が行くほど頭が硬くなり、英語も覚えにくくなります。

つまり英語は3歳でも覚える事が出来ます。

子供には日本語も英語も同じ言葉なのです。

だから小学3年生にこの教材で練習して、4日目にビックリしました。

1日目より格段に上手になっているのです。

この教材の仕組みが凄いからです。

 

小学低学年のお子様に英語を話せる様にして上げる方法

七田の「7+BILINGUAL」は絵本を読んで上げるつもりで練習されて下さい。

勉強でなく、一緒に楽しく覚えよう〜とする考えで

決して叱ったりなじったりしない。

何度も何度も褒める、これに徹して下さい。

昔し中学で英語を習ったのなら

テキストを見れば誰で分かる内容です。

親は慣れるまで、事前に

1)テキストの日本語文章を読んで下さい。

2)CDで日本語、英語を聞いて下さい。

3)テキストの英文を声を出して読んで下さい。

これで教える準備は十分です。

 

ただし、親として辞めた方が良い人もいます。

1)英語が全く苦手だった。

2)今も英語は苦手。

3)子供の為であっても自分は英語は全くタッチできない。

親がこの状態の時は、習いに行くか、オンラインで習わせる方が良いです。

どの方法でも良いと思います。

それは親が判断する事です。

 

 

35日コースを毎日しなくても、

トータルで35日分を学びますと、凄い結果になります。

この教材が練習する上ですごい仕組みについては別のページに詳しく書いていますので

そちらをご覧下さい。


私は4ヶ月前に上のマークを押して、七田の説明を読み、その日に購入しました。

実は2年前から七田も調べていたのですが、

あれこれ当たって、結局、七田が一番適していると活論が出たので、即購入しました。

 

上の七田のマークを押すとこのような表示が出て来ます。

ここから始まり、色々な説明が書かれています。

ご利用者の感想がとても参考になります。

特に幼児の感想も参考になります。

実際、私が小3年生の孫に教えている時、2歳半の子も一緒に参加して来ます。

教材の内容がとても楽しいからです。

 

さて、これらの説明を沢山見て、この教材を購入したいと思う人は

説明がずっと続きますので

その一番下に申し込みコーナーが出て来ます。

まずクレジットご購入を希望する方はここでご記入ください。

 

そのすぐ下の画面は下記です。

これは

後払い(銀行、郵便局、コンビニ)

代金引換

銀行振込

の方法が有ります。

 

その下は住所、氏名、電話、メールアドレス

配達希望日、希望時間帯、連絡事項をご記入下さい。

 

申し込みは以上です。

数日したら下記が送って来ます

ビッシリ入ってますので重たいです。

昔ならこれだけの内容だと6〜10万円しました。

 

 

中は子供が喜ぶCDやテキスト、イラスト、塗り絵などが入ってます。

 

 

発想的には「勉強」と考えないで、「楽しく遊ぶ」事が大事です。

実際、小学3年生のお兄ちゃんがCDで楽しい会話を聞いていると

下の2歳の子が、いつも割り込んで来ます。

CDはアメリカや世界の子供達が英語で話しているので

2歳の子も参加したいようです。

実は2歳・3歳児もどんどん吸収する内容です。

幼児にも大変効果がありますので、また別のページでご説明します。

 

-子供の英会話

© 2020 スマイルティ56 Powered by AFFINGER5